2024年版資材価格高騰レポート 大好評公開中

“物価高倒産”はコロナ禍最多の645件!建設業の市況を徹底解説!!

今回は、大好評レポート『2024年版 資材価格高騰レポート』のご紹介です。

本レポートでは、2024年版の資材価格高騰の動向についてご紹介しています。

コロナショックやウクライナ危機、日米の金融政策などにより、資材価格高騰が問題となりました。

値上げラッシュは落ち着いたものの、2024年も商品・サービスの引き続きの値上げが予定されています。

建設業では、S造、RC造、木造の工事原価は値上げを続け、建材、設備機器、専門工事の職人経費も上がり続けています。

中長期で勝ち残る経営体制の構築をお探しの方は、ぜひ参考にご一読ください。

【本レポートの内容】
●2024年の身近な食品の値上げ動向やモデル企業の最新手法ついて知りたい方
●ウクライナ危機やコロナショック、日米金融政策などの最新状況を知りたい方
●S造、RC造、木造の工事原価や建材、設備機器、職人工事費の最新データが知りたい方
●建設メーカー、商社、ゼネコン、サブコン、専門工事会社の動向を把握したい方

成功手法を詳しく知りたい方は、資料ご請求の際に「経営相談申込」にチェックをお願いします。

全国の建設会社様にて実践された成功ノウハウの一部をご紹介させていただきます。

ぜひご一読いただき、今後の戦略の一助にしていただければ幸いです。

本日もありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。

“物価高倒産”はコロナ禍最多の645件!建設業の市況を徹底解説!!

コロナショックから景気回復に向かう中、ウクライナ情勢や日米の金融政策、資材価格高騰など、国内の経済は好景気とは言いにくい状況が続いています。

中小の建設会社では、資材価格の高止まりにより工事原価も高値が続いています。

コロナ融資が返済時期を迎えたことも重なり、“物価高倒産”も引き続き増えています。

経営のお悩みは様々ですが、中長期で勝ち残る経営体制の構築、新たなビジネスのアイデアをお考えの方は、ぜひお役立ちレポートをご一読ください。

<このレポートを読むメリット>
・知って得する!身近な商品の値上げ予定やモデル企業の最新手法が分かる
・聞いて納得!資材価格高騰にともなう勝ち組、負け組の二極化構造が分かる
・S造、RC造、木造の工事原価や建材、設備機器、専門工事の職人経費の最新データが分かる

無料ダウンロードはこちらから

建設業経営者必見!
経営のヒントになる船井総合研究所のレポートを大公開!

成功事例・経営のヒントをお届け!

成功事例・経営のヒント等をお届け 無料メルマガ登録 登録はこちらへ
成功事例・経営のヒント等をお届け 無料メルマガ登録 登録はこちらへ
ページトップヘ