ICT施工ソリューション

国が進めているICT施工を円滑に進めるためのソリューションになります。また、ただICT施工を行うだけでなく「変更」を上手に使い、適切な利益額を上げながら進めるソリューションを展開していきます。多くの企業様では導入が目的となってしまっており、思う以上に利益が上がらなかったり生産性も上がらなかったりしております。生産性も高めつつ、利益も生むような仕組みを提供致します。
また、同時にICT先進企業としての企業ブランディングを行い、人材採用・育成に生かした事業展開をご提案させていただきます。

こんな課題をお持ちの方にオススメ

  • ICT施工に取り組みたい
  • ICT施工で利益がでるようにしたい
  • ICT施工を武器にした人材採用できる企業ブランディング
  • 設計変更、積算能力を強化したい
  • 企業ブランディングをしたい

コンサルティング内容

  • ICT施工を実施するための設計図制作
  • 先進的なモデル企業視察
  • ICT機材の導入サポート
  • 変更協議、積算の研修
  • 企業ブランディング
  • 人材採用、人材育成の仕組み作り

ICT施工ソリューションの特徴

ICT導入の機材の選定及び工程表の作成

ICTの導入には測量、3次元設計ソフト、建機等様々なソフト、機材が必要になります。
効率的に運用するためには、リースや外注という選択肢を含めながら適切な時期に購入を行わなければなりません。導入のための計画を作成致します。

変更協議・積算の研修

ICTの導入で適切な利益を生み出すためには「変更」が必要になります。
業務経費を積算し、行政から認めてもらうことで適切な運用費が捻出できます。

ICTを交えた企業ブランディング

ICTを導入することで、人材採用・人材育成にもつながります。
先進的な取り組みを積極的に認知活動に活かすことで、新卒や中途採用にも結び付けることが可能です。

2025年までの導入が求められています!

現在、国の宣言でも20205年までに建設現場の生産性を20%向上させるということが明確に宣言されており、建設会社においては生産性の向上が急務となっております。現在、ICTの導入には様々な優遇措置がありますが、これもいずれはなくなり標準的に求められる基準となるのです。

実際に、ICTは利益が出ない等の声も多くありますが、実際のところは適切に運用等を行えば利益もしっかり生み出すことができ、生産性も高められるものになります。建設会社にとっては今だからこそ取り組まなければいけない課題と言えるでしょう。

ご興味ある方は下記からお問い合わせ下さい

-->
ページトップヘ