土地活用受注強化ソリューション

営業マン1人/1年で3億円の受注/粗利7,500万円を目標とし、1棟あたり885万円~の戸建賃貸から、約5,000万円の障がい者グループホーム、数千万円のアパート・マンション、約2億円のサ高住、の建築を受注していただきます。
リピート受注ができるのも土地活用モデルの特徴です。また、建築だけでなく事業としての提案を行うので建築以外の付加価値が付き、粗利も高く設定可能です。

土地活用モデルの特徴

土地に建物を建設し貸してくれる地主を探すことが土地活用ビジネスにおいて一番大事です。そのパターンは2通りあり、直に地主を集客するパターンと不動産会社・銀行から紹介を受けるパターンです。どちらにおいても継続的にアプローチをかけることが成功の近道です。

アプローチツールや営業マニュアル、トークマニュアル等を整備して、素人営業マンでも売れる仕組を作ります。また、営業マンの行動管理シートにてKPI設定をし、PDCAを徹底的に回します。コンサルティングではロールプレイングや提案営業のポイントをお伝えし、素人営業マンが土地活用提案をできるようになります。

テナント事業者については、セミナーにて集客を行い、反響セールスにて見込み度が高い事業者のみ追客を行います。


地主営業マニュアル


不動産会社営業管理帳票


テナント事業者向けセミナー風景

土地活用提案・営業ができるようになる

地主の土地活用の動機として①収益②節税③管理④社会性の4つです。これらのニーズをヒアリングし、ニーズに合った提案を土地活用提案として行います。適切なニーズを引き出すためのヒアリングシートや提案ツールを取り揃えております。

テナント事業者向けにサブリースのマッチング提案をできる会社は多くありません。なぜなら事業者側の収支まで提案しできないためです。土地活用モデルでは事業者側の事業収支計画やファイナンスまでサポートすることができます。


地主向けヒアリングシート


地主向け提案ツール

土地活用商品ラインナップを増やす

土地活用ビジネスでは、活用する地主の意向やニーズに沿った商品提案が必要不可欠となります。そのため土地活用モデルでは、30坪~300坪まで対応する商品を提案します。30坪~150坪の狭小地~中程度の土地に対応する戸建賃貸、70坪~200坪の中程度の土地に対応できる障がい者グループホーム、200坪~300坪の大きな土地にも対応するサービス付き高齢者向け住宅の商品ラインナップを持ち合わせております。最初は商品を絞り込み提案を行いますが、土地があれば、どう活用するかは対応力の差(最適な土地の有効活用方法の提案)によって受注できるかが決まります。


30坪から提案できる戸建賃貸


70坪から提案できる障がい者グループホーム


200坪から提案できるサービス付き高齢者向け住宅

土地活用素人の営業マン一人でも年間3億円受注可能な土地活用パッケージ商品!

「地主・テナント事業者集客」「土地活用提案・営業」「土地活用商品ラインナップ」3つのポイントを押さえコンサルティングを行います。全国のクライアントの情報を集約し、成功事例を共有するため、新規参入の会社でも建築受注が可能です。

既存事業として土地活用の事業を行っている会社は少なく、会社規模拡大や売上拡大、地主からの相談が増えたころに土地活用事業はスタートさせるケースが多いです。新築営業の経験しかない営業マンの会社がほとんどであり、基本パッケージは土地活用素人に向けたツールやマニュアル構成になっております。

建物価格が高いことから、受注に至るまでや営業マンの成長には時間がどうしても費やしてしまいます。しかし、1度提案し受注ができると、他社では提案できない商品の提案や、テナント事業者とのマッチングを提案できるため、基盤さえ作れば、それ以降の安定的に受注することができます。

ご興味ある方は下記からお問い合わせ下さい

-->
ページトップヘ