単価3,000万円!現場監督いらずの新事業をご紹介!

URLをコピーしました。

 
今回のメルマガでは、事業立上げ3か月で7棟、2.3億円(粗利25%)を受注した建築会社であるBuild East様(沼津市)についてご紹介します。

実はこの会社、ついこの間まで内装工事専門の会社でした・・・。
現場監督すら数少ないこの会社がなぜこれほど受注できているのか・・・

受注好調の理由は大きく2つです。

①低価格躯体メーカーとタイアップ

あまり知られていませんが、全国対応の躯体メーカーで木造並み?にお安く仕上げていただける鉄骨メーカーがあるのです。

Build East様はその会社と提携することで、安価な建築手法を提案することができています。

しかも、提携している会社は現場監督も派遣してくれるので、極端な話、建築素人でも受注ができちゃう手法なのです。

②オフィス、店舗専門店ブランド構築

オフィス・店舗建築の客層ボリュームゾーンは、3,000万円~4,000万円になります。
しかし、この単価は大手ゼネコンが手を出しづらい領域。

大手ゼネコンが狙わない価格帯をターゲットとしたことで、競合の少ない“隙間市場”で勝負ができ、多くのお客様からお引き合いをいただいています!

地域の建築会社様が手間なく受注~施工ができる新事業をお伝え致します

とはいって、これだけではなかなか取り組みづらいかと思います。
今回は、特別に実際に成功されているBuild East様にセミナー講演をいただくことになりました。
下記本セミナーの見どころです!

■ 実際に行って分かった民間のオフィス・店舗建築のポイント
・軽量鉄骨メーカー連携で建築ノウハウがなくても参入ができる
・ゼネコンが不得意な中小規模のオフィス・店舗に特化した”隙間市場”狙い
・全国対応の軽量鉄骨躯体メーカーの原価が安く仕入れられるので、粗利25%以上確保できる

メルマガでは書ききれませんが、
Build East様が提携している躯体メーカーの具体的な企業名から
静岡県No.1の検索順位を達成したオフィス・店舗専門ブランドHPをはじめ、社屋・完成見学会開催など、反響獲得の手法も合わせてご紹介します。

また、反響を頂いてから特命受注を獲得する営業方法まで、未経験の住宅会社がオフィス・店舗を受注するまでの 成功パターンを余すところなくセミナーではお伝えします。

ぜひ、低価格な躯体メーカーとの提携を武器として、民間のオフィス・店舗事業の参入を検討してみてはいかがでしょうか。

単価3,000万円!現場監督いらずの新事業をご紹介!

セミナー詳細・申込はこちらから

建設業経営者必見!
経営のヒントになる船井総合研究所のレポートを大公開!

-->
成功事例・経営のヒント等をお届け 無料メルマガ登録 登録はこちらへ
ページトップヘ